子供の気持ちを考慮

中学受験を受けるのは親御様ではなく、あくまでも子供であることを意識しないといけません。これは塾を選択する時もそうです。子供の性格を考慮して集団塾か個別指導塾のどちらが適しているのかを親御様は考えないといけません。集団塾が適している子供は、気兼ねなく質問ができる上に、周りの友達の成績をあまり気にしないタイプの子です。

一方、個別指導塾が適している子供となると、中々質問をすることができず、集中した環境で勉強をしたいと思う子供です。一概に集団塾か個別指導塾が良いかは言えないものです。子供の性格を考慮した選択をすることが、中学受験に合格できる要因となります。親御様が子供の性格や気持ちを考えてあげることが大事になります。

これは転塾をする時には言えることで、集団塾であまり成績がアップしない時には、当然転塾を視野に入れるでしょう。その時にいくら個別指導塾が良いと思っても、周りの仲が良い友達とは離れ離れになる為、簡単に決断をするのは難しいものがあります。子供の気持ちを考えた上で決断をするということは、非常に大事なことです。中学受験の時に親御様の考えを子供に押し付けたところで、子供にとってマイナスになる可能性が高いです。

【コンテンツ】