集団塾との違い

塾に通わせて中学受験の勉強を子供にさせるのは当たり前となってきています。学校での勉強だけではやはり中学受験に合格をするのは難しいのが事実で、塾に通わせるというのは学力アップの為になると言えます。しかし、難しいのは集団塾か個別指導塾のどちらを選択するかでしょう。

集団塾の場合は、大人数を相手にしている為、どうしても予定通りに授業を進めないといけない部分があります。また、集団塾は子供の中には分からない部分があっても質問をしにくいというデメリットもあります。こういった部分を解消できるのが個別指導塾です。予定通りに授業を進める必要はなく、子供の学力に合わせて勉強をすることができます。また、分からない部分があったとしても気兼ねなく質問ができるのも大きなポイントと言えます。

一概に中学受験の時に個別指導塾を選択すれば良い訳ではありません。子供によっては集団塾の方が合っているケースも十分にあります。ただ、集団塾でのデメリットが子供の学力アップの妨げになっているのであれば、中学受験の時に個別指導塾を選択した方が良いと言えます。集団での授業が苦手な子供や苦手科目があるという子供の場合は、個別指導塾を選択するのが一つの手です。

【コンテンツ】